実践英語力を伸ばしたい方に向けた語学学校の選び方

語学留学では多くの方が「実践英語力の向上」を目的に語学学校に通います。では、どんな語学学校が実践英語力を伸ばすのに適した環境を持っているのでしょうか?

本記事では、留学中に実践英語力を最大限伸ばす為の語学学校選びについて解説していきます。

これから語学留学に参加される方は、この記事を参考にして語学学校を選んでみて下さい。

オッケーラでは、過去に留学、語学学校でのカウンセラー、海外就職を経験した編集スタッフが過去の経験をもとに海外留学に関する記事の作成をしています。

語学留学の目的である「英語力の向上」とは?

語学留学中に一番達成したい目標となるのが「実践英語力の向上」です。

ここでの実践英語力とは、英文法や語彙力ではなく「実際のコミュニケーションの中で英語を使いこなす力」のことです。

※実践英語力以外にも語学留学の目的はありますが、本記事では語学学校へ通う目的となる英語力の向上に焦点を当てて記事を書いています。

語学学校に求めたい環境

実践英語力を身に付ける為に語学学校に求めたいポイントは下の2つです。

  • ネイティブの先生から実践英語の感覚を学びたい
  • 日本人以外の友達と沢山時間の共有をしたい

ネイティブの先生から実践英語の感覚を学びたい

まず語学学校の先生から学びたいのは、英文法では無く実践で英語を使用する感覚です。

最近では本屋さんに足を運ぶと簡単に英文法や基礎英語の本を見つける事ができます。また、インターネットやYoutubeでも英語学習に関する情報も山ほどアップされています。

せっかく海外に来て勉強をしているのですから何処でも手に入る情報ではなく、現地の環境が無ければ学べない部分を学ぶべきです。

では語学学校で何が学びたいかと言うと、基礎英語に加え「実際の会話の中で英語を使う感覚」です。実際の会話では、どうしてもニュアンスの理解が難しい単語やフレーズが出てきます。これをネイティブ且つ教えるプロで語学学校の先生から教えてもらいましょう。

日本人以外の友達と沢山時間の共有をしたい

実践英語力を鍛える最短の方法はインプットとアウトプットの繰り返しです。インプットは英文法書やインターネットなど様々な場所でできますが、アウトプットの場は周りの環境に左右されてしまいます。

語学学校のメリットは自分以外にもアウトプットをしたいと思っている人が集まっている事です。この環境を活かしてアウトプットをする時間を持つ事が実践英語力を鍛える近道となります。

アウトプットの場は語学学校の授業、その後のお茶会や飲み会など

また、日本人同士でもやれない事はないのですが、お互いに意識が高い事が前提となってしまいますので、可能であれば日本人以外が良いです。

メモビジネス英語を学ぶ場合は授業の質にも重点を置く必要があります。業界により異なるものの業務中に使用される英語フレーズは限られていますので、そこを重点的に学ばせてくれる授業に参加をするのが近道です。

実践英語強化に向けた語学学校選び

ここまでの内容を踏まえて語学学校を選ぶ時に確認したい内容が次になります。

  • 学校のアクティビティー
  • 学生の数と年齢層
  • 日本人学生の比率
  • 先生の国籍とプログラムについて

学校のアクティビティー

語学学校の多くでは週末にアクティビティを開催します。このアクティビティが友達作りやアウトプットにとても良い機会となります。人によってはアウトプット前の友達作りで悩む方も沢山いますので、参加しやすいアクティビティが揃っている学校はおすすめです。

学生の数と年齢層

語学学校で会う学生の数が多いと作れる友達の絶対数も多くなりますのでお勧めです。また、大きな学校の方がアクティビティを活発に行っている事が多いです。

学生の年齢層もポイントとなります。オッケーラが運営されているシンガポールに駐在員として生活している方が沢山います。駐在員の方やそのご家族の方が英語の上達のために語学学校に通う事も少なくありません。

アウトプットの機会を沢山持とうと思えば、やはり同世代で似た目的を持って勉強をしている方の方が相性が良い。なので、事前にどんな層の学生が多い語学学校なのか知っていても良い。

先生の国籍とプログラムについて

上でも説明したように、ネイティブの先生からしか学べない内容もあります。せっかく日本を出て英語を学んでいるので、ネイティブの先生から学べる環境になるように調整しましょう。

学校のプログラムは自分の自信の無い部分を補うように組んでいくのがポイントです。発音が苦手ならスピーキング、文法に自信がなければライティングのクラスなどがお勧めです。また、特別な方向性を持っている方はもちろんプログラムも大切になってきます。語学留学後にインターンシップをする方や移民の為に特定の試験で高得点が必要な場合はそれに特化したプログラムを探すのもありです。

まとめ

実践英語力を伸ばすための語学学校選びについて解説をしてきました。全てを語学学校を通して伸ばす必要はありませんが、良い環境を持つ学校を見つけておくと、より効率良く留学生活を送ることができ、また余った時間を他の挑戦に了解する事も可能になります。

コメントを残す

CAPTCHA


関連キーワード
おすすめの記事