シンガポールのカワウソ家族について

シンガポールを代表する動物の1つとして知られているのが「カワウソ」です。シンガポールには野生のカワウソが生息していて、度々地元のニュースにも登場します。

シンガポールのカワウソ事情

シンガポールで見られるカワウソは、スムースコートカワウソ(シンガポールでは絶滅危惧種に分類されています。)と小ツメカワウソの2種類と考えられています。

シンガポールでは約10前後のカワウソ家族が生息していると言われていて、良く耳にするのはBishan付近に住んでいるBishan FamilyやMrina Bayエリアに住むMrina Familyです。

街中いカワウソが出没する事も

自然の少ないシンガポールに住むカワウソは、環境適応能力に優れていると言われています。また、人通りの多い街中にカワウソの家族が出没する事もあります。

シンガポールのアイコン的存在

カワウソは、シンガポールを代表するアイコン的な存在でもあります。2016年のシンガポール51周年記念では、シングリッシュやシンガポールのパスポートを破ってシンガポールの象徴として選ばれました。また、シンガポールのローカルホテルグループ(ミレニアムグループ)もグループのマスコットとしてカワウソを選んでいます。

 

ミレニアムグループに関する記事

Family Of Brazen Otters Spotted At Orchard Hotel Singapore As Millennium Hotels And Resorts Launches Otter Family Christmas Adventure For A Good Cause

カワウソに関する法律がある

シンガポールでは、カワウソの捕獲や殺処分を禁止する法律があります。ただ、この野生動物鳥獣法(WABA)ではその証拠の提示が必要で、予防措置が必要な場合には困難な状況になることがあります。現在のWABAの見直しはこれに対応しています。

カワウソに出合った時のルール

シンガポールでは、カワウソに出会った時に守らないといけない下記のルールがあります。

  • 触らない、追いかけない, 距離をとって観察する
  • 大声でしゃべらない、フラッシュ撮影しない
  • 餌を与えない
  • 水中にごみや鋭利なものを捨てない
  • ペットはしっかりリードでつなぐ
コメントを残す

おすすめの記事