シンガポール留学中に使うSIMカードについて

シンガポール留学中の電話の利用について気になる方向けに、本記事ではシンガポールで購入できるSIMカードについて解説していきます。

オッケーラでは、過去に留学、語学学校でのカウンセラー、海外就職を経験した編集スタッフが過去の経験をもとに海外留学に関する記事の作成をしています。

留学中の電話の利用にはSIMカードを購入する

シンガポール留学では現地のSIMカードを購入してインターネットの利用を行います。SIMカードの中には観光用、短期滞在用、長期滞在用などいくつかの種類があるので、その中から滞在期間と必要な通信データ容量に合わせて購入していきます。

もし携帯電話にSIMロックが掛かっていたら?

手持ちの携帯電話にSIMロックが掛かっている場合は現地のSIMカードを利用することができません。その場合の対処方法としては、次のようになります。

  1. 安い中古の本体を購入する。
  2. モバイルWi-Fiでインターネットの利用をする。
  3. 現地のWi-Fiのみで生活する。(シンガポールの滞在先にはWi-Fiが付いています。)

1週間程の留学であれば(2)又は(3)の方法でも大丈夫ですが、それよりも長く滞在をする場合は(1)の方法を取る方が殆どです。

シンガポールで携帯電話本体を購入する場合は、チャイナタウン駅周辺で売られている中古の携帯屋さんがお勧めです。

シンガポール留学向けのSIMカードについて

購入するのはプリペイドのSIMカード

海外旅行や留学で利用されるSIMカードはプリペイドが基本です。最近のプリペイド式SIMカードは、SIMカードの有効期限が切れる前にチャージをする事で利用期間の延長ができます。

SIMカードへのチャージ(シンガポールではTop-Upと言います。)は、コンビニエンスストア(セブンイレブンやCheers)や各通信会社のモバイルアプリ、AXA/SAM Kiosk(支払いをする為のATMのような機械)から行うことができます。

シンガポールでSIMカードを使う注意点

シンガポールでは個人が登録できるSIMカードは3枚までと決められています。3枚以上購入しても一人の名前では登録できなくなっていますので注意しましょう。購入の際はパスポートの提示が必要になります。

留学であれば1番安いSIMプランを選べばOK

シンガポールにはSingtel, Starhub, M1, TPG Telecomという4大通信会社(日本でいうNTT、au、Softbankです。)があります。この4社の中でTPG Telecomを除く3社がプリペイドSIMカードの販売をしています。

各ブランド事に通信速度や安定性で細かな差はあるでしょうが、期間的に電話を使いたい留学であれば自分の欲しいデータ容量に対して最も価格の安いブランドの購入で大丈夫です。

SIMカード購入のポイント

シンガポールでは自宅にはWi-Fi、カフェではフリーWi-Fiの提供をしています。携帯電話のデータ容量を使用するのは外出時が殆どとなりますので、ご自身の外出時のインターネット使用率を目安にデータ容量の設定を行うと良いです。

シンガポールの4大通信キャリア

通信キャリア名 SIMカードブランド
SingTel hi! SIM Cards

もっと見る

Starhub
  • Prepaid SIM Cards
  • Travellers SIM Cards

もっと見る

M1 M1 Prepaid SIM

もっと見る

購入場所について

SIMカードはシンガポール国内の様々な場所で販売されています。その中でも購入が簡単にできるのが次の場所です。

  • 空港
  • コンビニエンスストア
  • 街中の携帯電話屋さんや電気屋さん
  • 各通信会社のショップ
  • 各キャリアのウェブサイト

シンガポール国内の様々な場所でSIMカードの販売がされていますが、空港での購入が選べるSIMカードの種類も多く簡単です。

まとめ

留学生向けにシンガポールで購入できるSIMカードについてまとめてみました。最近ではどの通信会社を使っても通信問題が発生する事は殆どありませんので、あまり悩まずに手に入るタイミングで購入するのが良いです。

シンガポール留学を検討している方には、本記事を参考にしてもらえれば嬉しいです。

コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事