シンガポール留学について

東南アジアの英国圏として知られるシンガポールには毎年沢山の留学生が集まります。本記事では、そんなシンガポールでの海外留学の全体像をまとめてみました。

スポンサーリンク

シンガポールってどんな国?

シンガポールは東南アジアある小国です。シンガポールはマレーシアからの独立後に急成長をした国で、建国50年という短さで先進国として登録されている国でもあります。また、シンガポールは英語を公用語とする数少ない国の1つで、複数の民族(特に中華系、マレー系、インド系)が住んでいる事から多民族国家とも呼ばれている国となります。

シンガポールで参加できる留学

シンガポールでの主な留学には「正規留学」「交換留学」「語学留学」の3つがあります。また、シンガポールは日本人駐在員の多い国でもあり、そのご家族の方が参加する「親子留学」といったサービスを提供される留学エージェントも存在します。

シンガポールで留学するメリット

数ある留学人気国の中でシンガポールが圧倒的に他国よりも良い環境を持っているのが「海外就職へのアドバンテージ」と「治安の良さ」です。また、日本と同じアジアという事もあり、日本人(特に海外初心者)にとっては生活しやすい環境も整っています。

■ 海外就職へのアドバンテージ

シンガポールには沢山の日系企業が地域拠点を構えています。シンガポールに設立される拠点は地域統括拠点になる事も多く、その関係でシンガポールには一定数の日本人話者向けの雇用ニーズ(特にオフィス職)が生まれます。シンガポールでの留学は、この枠を獲得するのに大きなアドバンテージとなります。

■ 治安の良さ

シンガポールは治安の良さでも知られている国です。オーストラリアのシンクタンクであるIEP(The Institute for Economics and Peace)が発表したGlobal Peace Indexでも最も治安が良いカテゴリに振り分けられています。

シンガポールの英語について

シンガポールは「英語圏」や「準英語圏」と呼ばれる国です。国内の第一共通語として英語が使用されていますので、会話は基本的に英語で行われます。移民が集まって出来たシンガポールは国の歴史も浅く、もともとは非英語ネイティブ国だった事もあり、シンガポールで話される英語には独特のアクセント(シングリッシュと呼ばれる)があります。

スポンサーリンク
Recommended Contents