シンガポールのショップハウス
こんにちは!アキです。シンガポールにはショップハウスと呼ばれる建物があります。カラフルな見た目が特徴的なショップハウスですが、その背景にはどのような文化背景があるのでしょうか?

ショップハウスとは?

ショップハウスとは二階〜数回建ての建築様式で、最もよく見られるのは二階建てのショップハウスです。多くのショップハウスでは、一階で商売をし二階に住むといった店舗と住居の一体型となっていますが、中には住居のみを目的とするオーナーもいます。ほとんどのショップハウスでは、隣同士のショップハウスと区切られていません。この事から1つの長いテラスハウスとも呼ばれてることもあります。ショップハウスの内部は奥に広がる構造をしています。中に入ってみると意外に広いなと感じさせてくれます。

シンガポールのショップハウス

シンガポールでは二階建てのショップハウスが最も一般的ですが、チャイナタウン地区では高層のショップハウスが見られます。ショップハウス内で営まれる商業の形は様々で、現在ではショップやレストラン、オフィス、研修施設など多様な目的で使われています。

シンガポールのショップハウスの起源?

シンガポールのショップハウス起源は中国の広東省と福建省 (シンガポールに移民しきた中国人の多くが 広東省と福建省出身者だったことが理由) と言われています。 こここら多民族国家シンガポールならではの進化をしていきます。現在、シンガポールの保存指定建物は7091戸あり、そのうちの約6500戸がショップハウスとのことです。

ファイブ・フット・ウェイ

シンガポールのショップハウスでは、玄関先が屋根付きの公共通路(1.5m幅ほど)になっている場合が多く、この公共通路はその幅の狭さから「ファイブ・フット・ウェイ」と呼ばれています。ファイブ・フット・ウェイは、 1822年にラッフルズがタウンプラン(都市計画)を作った時に導入が決められています。

ショップハウスの種類

シンガポールのショップハウスは建築時期によって、その見た目に少し違いがあります。
The Early Shophouse Style 1840-1900
First Transitional Shophouse Style early 1900s
Late Shophouse Style 1900-1940
Second Transitional Shophouse Style ate 1930s
Art Deco Shophouse Style 1930-1960
Modern Shophouse Style 1950-1960

まとめ

シンガポールのショップハウスについてまとめてみました。街中を歩いていると「ここってショップハウスだったんだ!」といった場所も結構あるので、時々周りを見てみて下さい。
おすすめの記事