シンガポールのドリアンについて

強烈な匂いで知られるドリアンですが、そのイメージと裏腹に東南アジアでらフルーツの王様とも呼ばれる人気フルーツです。

好みは分かれるものの、シンガポールでもドリアンはよく食べられるフルーツで、国内のいろんな場所で販売されています。

ドリアンってどんな食べ物?

ドリアンはフルーツの王様

ドリアンは非常に栄養価が高いフルーツで、特にビタミンB1を多く含んでいます。ドリアン=匂いというイメージが先行していますが、果肉はマイルドな甘さを持った上品なフルーツです。

以前は国王の食べ物にもなっていたフルーツで、癖は強いですが慣れればおいしいと感じる系フルーツです。

シンガポールでは高い人気を持つフルーツで、ゲイラン地区にはドリアンストリートと呼ばれる場所まで存在します。また、ドリアンには旬の時期があり、シンガポールでは6月〜8月と11月〜12月に美味しくドリアンが食べられます。

ドリアンには様々な品種がある

ドリアンにも様々な種類があり、シンガポール国内だけでも数えきれない程の品種が販売されています。特に高品質と言われているのが「猫山王(マォーサンワン)」や「皇中皇(キングオブザキング)」と呼ばれる品種で、その年の収穫量によって値段も大きく変わります。

ドリアンは別名「悪魔のフルーツ」

ドリアンはフルーツの王様と言われていますが、その裏で「悪魔のフルーツ」とも呼ばれています。これは昔ドリアンを食べた後に、アルコールを摂取するとお腹が爆発すると言われた都市伝説がルーツとなっています。

実際に医学的、科学的な根拠は無いと報告されていますが、実際に体調不良を訴えた方もいる事から、現在でもこの組み合わせを避ける方も多いです。

ドリアンには罰則がある?

シンガポールの公共交通機関ではドリアンの持ち込みが禁止されています。こらはドリアンが強い匂いを発するからです。ただ、持ち込み禁止マークは貼られていますが、実際に罰則わ罰金となるような規則は無いようです。(禁止マークを貼ってるだけ)

コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事