カトン・ラクサ(シンガポール・ラクサ)って何?

シンガポールを代表する料理の一つが「ラクサ」です。シンガポールで食べられるラクサには「サラワク・ラクサ」や「ペナン・ラクサ」「スンゲイロード・ラクサ」と様々な種類がありますが、その中でも最も有名なのが「カトン・ラクサ(シンガポール・ラクサ)」と呼ばれるラクサです。

カトン・ラクサってどんな料理?

カトン・ラクサは、ココナッツ風味のスープに魚介出汁や香辛料を合わせたコクのある麺料理で、シンガポール全土で食べる事ができます。カトン・ラクサは、他のラクサに比べて麺が短く切られているのが特徴で、お箸ではなくレンゲを使って食べられるのが一般的です。

他のラクサと同様にココナッツミルクの風味が効いているので、不慣れな人には抵抗があるかもしれませんが、一度慣れてしまえば、定期的に食べたくなるシンガポールのソウルフードです。

もともとは「ニョニャ・ラクサ」だった?

カトン・ラクサは1960年代にシンガポールのカトン地区の屋台で売られていた「ニョニャ・ラクサ」が起源だと言われています。ニョニャ・ラクサは元々マレーシアのマラッカで生まれたラクサでしたが、プラナカンの人々がシンガポールへ移住してきた時に持ち込まれたと言われています。

そんなニョニャ・ラクサにアレンジが加わり広まったのが、現在でのカトン・ラクサ(シンガポール・ラクサ)だと言われています。

カトン・ラクサ関連記事

コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事