<COVID-19についてオッケーラからのお願い>

いつもご愛読頂きましてありがとうございます。コロナウィルスの感染者をこれ以上増やさない為にも、3密を避けて可能な限り家で過ごしましょう。

パンダンリーフの写真
シンガポールに来るとよく耳にする食べ物がカヤトーストやパンダンケーキです。これらの食べ物は独特な風味が特徴的で地元民からも人気を集めているのですが、この香りのもとになっているのがパンダンの葉(パンダンリーフ)です。
カヤトーストやパンダンケーキ以外にもパンダンの葉が使用されている食べ物は沢山あります。街中のワッフル屋さんやスーパーのパンコーナーに置いてある緑色のパンやお菓子の材料にもパンダンの葉が使われています。(天然由来の着色料で緑色の物には抹茶がありますが、パンダンの葉を使用した料理は抹茶よりも明るい緑色になります。)

パンダンの葉(パンダンリーフ)って何?

パンダンの葉(パンダンリーフ)はアジアやアフリカなどの熱帯地方でよく見られる植物で、特徴はパイナップルの様な実と蛸の足の様な根っこです。(日本では沖縄や小笠原諸島で繁殖しているようです。)

東南アジアに住む方には馴染みの深い植物で、様々な場面で登場します。特に料理の場で登場する事が多が多く、日本でもクックパッドにパンダンリーフを使った料理が沢山あげられています。

料理中に登場するパンダンの葉

パンダンの葉は生食を始めペースト、エキス、パウダーなど料理中に様々な形で登場します。パンダンの葉は万能な植物で、料理中では「天然着色料として」「香り付けに」「料理を巻くためのラップとして」など色々な目的で使用されます。

パンダンの葉は特に「パン」「ケーキ」「スイーツ」によく使われます。その理由はパンダンの葉が持つは独特の甘い香り(パンダンの葉は、その甘い香りから「東洋のバニラ」とも呼ばれていています。)がスイーツに合うからです。また、パンダンの葉は天然由来の着色料としても使われ、パンダンの葉で色付けすると鮮やかな緑色になります。

オイルとしてのパンダンリーフ

独特で爽やかな香りを持つパンダン葉から取れるオイルは様々なところで利用されています。室内用アロマ、マッサージをする時のボディオイル、スキンケア商品のエッセンシャルオイル等として使われます。

また、効き目については少し不確かですが、パンダンの香を虫が嫌うことから虫よけに使われたりもするようです。

    それ以外に登場するパンダンの葉

    パンダンの葉が直接利用される事もあります。乾燥させたパンダンの葉はポプリとして部屋の隅に飾られたり、細く裂いたパンダンリーフで籠やバッグを編んで売られる事もあります。また、パンダンは街中の街路樹として植えられることもあります。

    まとめ

    シンガポールで親しまれるパンダンリーフについて調べてみました。私が思っていた以上に使用される範囲が広く、パンダンの万能さには少し驚かされました。私は料理の中でのパンダンしか知りませんでしたが、他のパンダンの使い方も試してみようかなと思っています。

    おすすめの記事