<COVID-19についてオッケーラからのお願い>

いつもご愛読頂きましてありがとうございます。コロナウィルスの感染者をこれ以上増やさない為にも、3密を避けて可能な限り家で過ごしましょう。

カヤジャムとカヤトースト
シンガポールで人気のあるお土産の中に「カヤジャム」があります。日本ではあまり耳にしませんが、「東洋のバニラ」と呼ばれる独特の甘い香りを持つパンダンの葉が使われたジャムです。

カヤジャムって何?

カヤジャムは別名ココナッツジャムとも呼ばれるジャムです。名前にある「カヤ」はマレーシア語で「豊かな」という意味があります。
カヤジャムはココナッツミルク、卵、砂糖を混ぜたペーストにパンダンリーフで香り付けをしたジャムです。明るい緑色のカヤジャムが一般的ですが、砂糖をキャラメル化させることで茶色のカヤジャムを作る事もできます。
シンガポールではカヤジャムをトースト、蒸しパン、ワッフルなどに塗って食べるのが一般的です。砂糖の甘味とパンダンリーフのすっきりとした香り特徴で、朝食やおやつの時によく食べられます。また、カヤジャムをトーストに塗って食べるのが、シンガポールのソウルフードでもある「カヤトースト」です。

カヤジャムは何処で食べられる?

カヤジャムはスーパーで簡単に手に入ります。シンガポール人の嫁は、XOというブランドのカヤジャムが美味しいと言っています。また、カヤトーストを置いている地元のカフェでもカヤジャムの販売をしています。中でも幅広い層から人気なのがYa KunとToast Boxというカフェブランドです。
近くにカヤジャムを販売しているお店が無い場合は、オンラインでも購入できます。ただ、オンラインにはあまり種類が無く、少し値段の高い物が多いイメージがします。

お土産にも人気なカヤジャム

カヤジャムは日本人好みの味をしていますが、日本で目にする事は殆どないので、シンガポールのお土産としても人気です。特に人気なのがYa Kunのカヤジャムで、地元の方も一押ししています。
シンガポールの5つ星ホテル「ラッフルズホテル」で販売されているカヤジャムです。スーパーで買う物よりお値段はしますが、しっとりとしていて心地良い香りが味わえるジャムです。

Amazonのリンクを貼っておきます

自家製カヤジャムとレシピ

カヤジャムは家でも簡単に作る事ができます。
材料
作り方
  1. フードプロセッサーでパンダンリーフをペースト状にします。
  2. パンダンのペーストをココナッツミルクと混ぜます。
  3. 溶き卵と砂糖を均等に混ぜます。
  4. ざるでこしながら②を③に混ぜていきます。
  5. ④でできたペーストがスムーズになるまでよく混ぜていきます。
  6. フライパンにお湯を張り、そこにボールにいれたカヤペーストをセットします。
  7. 弱火で45から60分間加熱を続けます。この時、5分〜10分おきにペーストをかき混ぜます。
  8. ペーストがジャムのような質感になったら、容器に移して常温でさまして完成です。





おすすめの記事