<COVID-19についてオッケーラからのお願い>

いつもご愛読頂きましてありがとうございます。コロナウィルスの感染者をこれ以上増やさない為にも、3密を避けて可能な限り家で過ごしましょう。

シンガポールでよく聞くカヤトーストって何?

シンガポールに来るなら「絶対食べた方がいい」食べ物の1つがカヤトーストです。日本人の味覚にも合い、シンガポールに住んでいる人なら知らない人はいないシンガポールのソウルフードです。


カヤトーストって何?

カヤトーストはカヤジャムとバターをトーストで挟んだ食べ物で、シンガポールでは「シンガポールのソウルフード」や「シンガポールのB級スイーツ」と呼ばれています。日本ではあまり耳にしませんが、シンガポールでは親しみの深い食べ物で、地元のカフェでよく提供されています。
シンガポールでは数多くのお店がカヤトーストの販売をしていますので、お店ごとにトーストに使用するパンの種類や焼き加減などカスタマイズがされています。全てのカヤトーストに共通する特徴はココナッツミルクやパンダンの葉から作られるカヤジャムが独特な香りと甘味を奏でてくれることです。

カヤトーストって何処で食べれるの?

カヤトーストはシンガポール国内の色々な場所で食べる事ができます。東南アジアのコーヒー店であるコピのお店に行くとほぼ必ずメニューにカヤトーストが入っています。その中でも特にカヤトーストで有名なのがYa Kunです。Ya Kunのカヤトーストはカリカリに仕上がったトーストが特徴的で、シンガポール人の嫁曰く、このカリカリスタイルはYa Kunが始めたのでYa Kunスタイルだと言っています。
Ya Kunではカヤトーストに使うカヤジャムの店頭販売も行っています。このYa Kunのカヤジャムの人気が高く、シンガポールのお土産として購入して帰る方が多いです。
カヤトーストはパン、カヤジャム、バターさえあれば家でも簡単に作れます。カヤトーストに必要な材料は全てシンガポール地元のスーパーで揃いますので、毎日の朝をカヤトーストと一緒にスタートする方も沢山いらっしゃいます。

おすすめの記事