ハラルフードって何?

シンガポールに住んでいると良く耳にする言葉の一つが「ハラルフード」です。ハラルフードは、ムスリム(イスラム教徒)の方々の間で守られている規則で、ムスリムの方はハラルフードしか口にする事ができません。今回はそんなハラルフードについてをまとめてみました。

ハラルフードって何?

「ハラルフード」は、イスラム教の規則で制限されている食品の中で、ムスリムの方々が口にできる食べ物を指します。

シャリーア(イスラム法)やクルアーン(イスラム教の聖典)、ハディース(預言者ムハンマドの言行録)等で禁止されていない食品は全てハラルフードだと考えられていて、下記のような定義づけもされています。

  • イスラム法(シャリーア)で禁止されている成分が一切含まれていないもの。
  • イスラム法に従って浄化された器具、設備、機械を使用して加工、製造、生産、製造、保存されているもの。

また、ムスリムの人々は、社会福祉の為に努力を貢献できるように、丈夫で健康な体格を維持するためにこのハラルフードを食べるとされています。

「ハラームフード」と「マシュブー」

ムスリムの方々が食べられる「ハラルフード」に対して、食べる事を禁止されている食品を「ハラームフード」と呼びます。下にハラームフードの条件にあげられる物の一部をあげてみました。(細かい物を除き、わかりやすい物のみ)

  • アルコール飲料と酩酊剤
  • 非ハラル動物性脂肪
  • ラード
  • ノンハラルアニマルショートニング
  • 豚に関連する物
  • 原料が特定されていない肉汁
  • 獣脂(非ハラル種)
  • ハラルで無い材料が使われた物

実際の生活では「ハラルフードを覚える」のではなく「ハラームフードを避ける」といった方法で規則にしたがっていきます。

また、ハラルフードかハラームフードかの判定が難しい食べ物(食品内の成分や調理法がはっきりしない物等)は「マシュブー」と呼ばれます。

ハラルフードの認証マーク

ハラルフードには「その食品がハラルフードである事を証明するための認証マーク」があります。この認証マークが付いている食べ物は、材料から全てハラル向けに作られた食品となっていて、ムスリムの方々が安心して食べられるようになっています。

シンガポールでは、1978年にMUIS(Majlis Ugama Islam Singapura)がハラルフードの認証サービスを開始し、認証が降りた製品は、GCC諸国、マレーシア、インドネシア、ブルネイなどで販売されています。

コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事