イスタナ

シンガポールには、大統領の官邸として使用される「イスタナ(Istana)」と呼ばれる建物があります。この「イスタナ(Istana)」は、マレー語、インドネシア語で宮殿という意味を持っていて、もともとは英国植民地時代のシンガポールの知事公邸として1869年に建てられました。

イスタナへのアクセス
最寄り駅 Dhoby Ghaut駅
営業時間 8:30-18:00(一般公開時)
オープンハウス
  • 旧正月
  • レイバーデー
  • ハリラヤ・プアサ
  • ナショナル・デー
  • ディパバリ
  • ウェブサイト
  • ウェブサイト http://www.istana.gov.sg/

    イスタナの敷地内にある建物

    イスタナは約40平方メートル(日本の皇居の約3分の1)と小国のシンガポールではとても広い敷地を有しています。敷地内には大統領官邸であるイスタナ以外にも「スリ・テマセク」「ザ・ヴィラ」「ミリタリー・ガード・ルーム」と呼ばれる建物が建てられています。

    スリ・テマセク

    スリ・テマセクは、シンガポールの首相公邸(かつては植民地時代の長官の住居)として使用されている建物です。また、首相公邸の名前に含まれる「テマセク」はシンガポールの古名で「海の町」を意味する言葉が由来となっています。また、1992年2月には「イスタナ」と「スリ・テマセク」共に国定記念物にも指定されています。

    日本とは異なりシンガポールには「大統領」と「首相」が存在しています。国によってそれぞれかま持つ役割は違いますが、シンガポールにおける大統領は儀礼的な存在で統治権を持たず、政治的な実権は首相が握っています。

    ※スリ・テマセクは首相公邸となっているものの、実際にスリ・テマセクに住んだ首相はいらっしゃらないようです。

    ザ・ヴィラ

    ザ・ヴィラはシンガポールの歴史と共に様々な用途に使用されてきました。1908年に建てられたザ・ヴィラは、私設秘書のバンガローや検事総長の家として使用されました。その後、1984年末までは、国賓の宿泊施設としても使用されていて、カナダやマレーシアの首相が訪れた事もあります。

    ミリタリー・ガード・ルーム

    ミリタリー・ガード・ルームは、見張り番をしていない衛兵が使用した部屋で、センターゲートのすぐ近くに建てられています。

    イスタナの一般公開(オープンハウス)

    イスタナには年5回「オープンハウス」と呼ばれる日が存在します。オープンハウスは、シンガポールの祝日となっている旧正月、レイバーデー、ハリラヤ・プアサ、ナショナル・デー、ディパバリに行われ、この日にはイスタナが一般公開されます。

    入場チケット
    敷地入場……シンガポール国民とSPRS$0、外国人S$1(3歳以下無料)
    官邸入場……シンガポール国民とSPRS$2、外国人S$4(3歳以下無料)

    イスタナへでは、セキュリティや施設保護上の理由で、以下のものはイスタナの敷地内に持ち込み(又は使用)が禁止されています。

  • 先の尖ったもの(ナイフやフォーク等)
  • 可燃物
  • サイクリング、ローラーブレードなどの運動
  • ゴミ捨て
  • 喫煙やアルコール飲料の摂取
  • 盲導犬を除くペットの持ち込み
  • ※保管施設の提供はありません。

    禁止されている物品を持っている方は、警備員の判断で入場が断られる事もあり、またイスタナの敷地内に入る前にはセキュリティ・スクリーニングも行われます。

    ※持ち込み禁止物に関しては、イスタナの公式ウェブサイトにも掲載されています。

    イスタナの敷地内について

    イスタナの敷地は約40平方メートル(日本の皇居の約3分の1)にもなり、敷地内ではイエローフレームと呼ばれる高さ20mにも成長する木や日本庭園、スパイスガーデン、ガンテラスを見ることができます。

    イスタナの公式ウェブサイト(敷地内について)

    イスタナ官邸内も見学できる

    イスタナ敷地内にある大統領官邸の中も見学する事ができます。官邸内では、歴代のシンガポール大統領に贈られた贈り物の展示や、国家の財宝、美術品のコレクションなども見ることができます。官邸の中には大きなホールもあり、現在は国の式典やレセプション・ホールとして使用されていてます。

    イスタナは見学以外でも楽しめる

    イスタナのオープンハウス時には、学生や子供たちによる演奏会やワークショップなどの催し事も行われたり、イスタナの記念品の販売もされています。(ここでの収益はすべて、プレジデント・チャレンジが支援する慈善団体に寄付されます。)

    おすすめの記事