シンガポールの海南チキンライスって?

チキンライス(海南鶏飯)は、シンガポールを代表するソウルフードの一つで、地元の屋台やレストランで販売されています。インターネットや観光ガイドブックでもシンガポールのお勧め料理としてほぼ必ず載っている程人気があります。

シンガポールの海南チキンライスってどんな料理?

海南チキンライスは、「茹でた鶏肉」と「その茹で汁で調理した米飯(雞油飯と呼ばれる)」を皿へ盛り付けたご飯料理です。(鶏肉がご飯にのっている場合と小皿に分けられている場合があります。)

ホーカーセンターやコーヒーショップ、フードコート、レストラン等、シンガポール国内のどこででも食べる事できます。また、地元のスーパーでは家庭用のチキンライスの素も販売されています。実際の食事では、お好みでチリソースやダークソースと一緒に食べられる事が多いです。

海南チキンライスは、海南島出身者(華僑)の移住と共に東南アジアに入ってきた食べ物で、シンガポール以外でもマレーシアやタイでも食べられています。

日本のチキンライスとは違う
海南チキンライスは、見た目も味付けも日本で一般的に食べられるチキンライスとは全く違います。

海南チキンライス関連記事

コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事