シンガポールの肉骨茶って何?

肉骨茶は、シンガポールを含む東南アジアで大人気な地元料理です。味付けや作り方には地域差があり、シンガポールでは「潮州肉骨茶」と呼ばれる種類の肉骨茶が最も食べられています。

潮州肉骨茶ってどんな料理?

潮州肉骨茶は、骨付き豚肉を胡椒の風味が効いたスープと一緒に食べる料理です。とてもシンプルな見た目をしていますが、ボリュームのある骨付き豚肉と豚骨の出汁が効いたスープは、地元民だけでなく観光客からも人気を集めています。

潮州肉骨茶のお店ではスープのおかわりが何倍でも無料でできる事が一般的で、白ご飯や揚げパンとも絶妙にマッチします。(ちょったスープご飯にもできる)

潮州肉骨茶はシンガポールで産まれた?

肉骨茶の起源には諸説ありますが、マレー半島がイギリスの植民地だった頃に中国広東省から東南アジアにやってきた移民によって広められたのが始まりだと言われています。

東南アジアにやってきた肉骨茶には国毎に違ったアレンジが加えられ現在の潮州肉骨茶(シンガポール)やクラン発祥の肉骨茶(マレーシア)となっています。

肉骨茶の関連記事

コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事