マンゴーポメロサゴが美味しすぎる
こんにちはアキです。シンガポールで私が一番好きなスイーツである「マンゴー・ポメロ・サゴ」。とにかく好きなので記事にする事にしました。

マンゴーポメロサゴってどんなスイーツ?

マンゴーポメロサゴは香港発祥のスイーツで、その名の通りマンゴー、ポメロ、サゴが混ざったスイーツです。
角切りのマンゴー、ポメロの果肉、サゴがエバミルクとココナッツミルクを加えたマンゴーピュレに入っているシンプルな食べ物です。
香港のレストラン「Lei Garden」が1984年に開発したスイーツです。Lei Gardenは香港、中国、マカオ、シンガポールで店舗展開しているミシュラン1つ星を持つレストランです。
ポメロって?
ポメロ(Pomelo) は最も重い柑橘類で、味はグレープフルーツに似ています。グレープフルーツに比べて果肉部の水分は少な目で酸味、甘み、苦味共にそこまで強く落ち着いた味をしています。
サゴって?
サゴ(Sago)とは、サゴヤシという椰子の木の幹に貯えられたデンプンを精製したもので、タピオカと同種類の食べ物です。タピオカ程モチモチはしていませんが、冷たく甘いスイーツにはピッタリの食感です。

マンゴーポメロサゴってどこで食べれるの?

シンガポールでは、中華料理店や香港系のスイーツショップで食べることができます。ただ、全てのお店で置いてるわけではありません。
シンガポール以外でも香港、中国の広東省や台湾等の中華系民族が住む地域ではお馴染みのスイーツとして知られています。
おすすめの記事