スーパーツリー(英:Supertree)は2012年にオープンした建築物で、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ内に位置しています。スーパーツリーは、そのデザイン性と植物で覆われた独特な姿が人気を集めていて、シンガポールのランドマークとしても知られています。

スーパーツリーが密集するスーパーツリーグローブ(英:Supertree Grove)では、50mの高さに設置された展望台からスパーツリーを眺める事ができるようにもなっています。また、スーパーツリーグローブでは夜になると定期的にライトショーが行われたり、季節毎のイベント(クリスマスイルミネーション等)やフェスティバルが開かれたりもしています。

その他にも、スーパーツリーはサステナビリティにおける重要なシンボルとしても扱われていて、夜のライトアップ時には太陽光パネルで蓄えられたエネルギー使用する事で高いエネルギー効率を実現しています。